最近ではメジャーになってきた男性保育士。しかし、少数派ゆえの独特の悩みもあります。

現役の保育士として考えると、力仕事をおまかせできたり、子どもたちと元気いっぱい走り回れたり、女性のみの職場より雰囲気がよくなる、というメリットがありますね。

 

しかし、増えてきたとはいえまだまだ数が少ない男性保育士。

いったいなぜ、保育士を目指す男性は少ないのでしょうか?職場の男性保育士の悩みを元に、調べてみました。

男性保育士

 

待遇の低さがネック

 

手取りの給料があまり多くない現状を不安に思いながら保育士をしている男性の多くは、自分の将来をハッキリと思い描けないという悩みを抱えているものです。

 

とくに、独身の男性保育士の多くが「こんな薄給で結婚できないよな…」、「家族を十分に養っていけるのだろうか…」という悩みを抱えています。

 

他業種と比べても、収入面では保育士の仕事は決して多いとはいえず、むしろ低所得の部類に入ります。

就職してまもなくは、他業種の男性と比較しても収入の差は大きいとはいえません。しかし、これが30代に入ってくると、比べるのもイヤになるような大きい差になっていることも珍しくありません。

 

 

他の業種と比べて、待遇の差は?

 

たとえば、私の同級生の友人は、製薬会社の工場に勤めていて、年収は700万円を超えました。

一方で、保育士という国家資格を持つ保育士の私は、330万円ほどです。保育士転職の支援サービスでなるべく高給の職場を探しても、ボーナスを含めて年収400万円を超えるのは副園長クラスの責任者を任されるのでなければ難しい状況です。

 

仕事をしている時間はもちろん、休みもそれほど変わりませんが、年収が倍ほど違ってくると、女性と出会えるチャンスがあっても自信を持つことができませんし、さらには結婚してやっていけるかについても不安になってしまいます。

 

それでも、年収が少ないことによって結婚できなくなるわけではなく、男性保育士のなかでも結婚されて家庭を持っている方が多くいるのも事実です。ただ、奥さんが完全に家庭に入っているというケースは少なく、多くが夫婦共働きを選択しているようです。

 

勤続年数によって、少なからず給料は上がっていきますが、それでも手取りで30万円を超えるケースはほとんどありません。そのため、男性が保育士としてもらえる給料だけで家族を養っていくことは、残念ながら難しいと言わざるを得ません。

 

 

保育士であるメリットは大きい

 

けれども、男性の収入だけで家族の生活が路頭に迷ってしまうことはまずありません。なにより、職業柄子育てに関する知識は豊富

 

ですから、自分の子どもが産まれてからは、育児にその経験を活かすことができるはずです。それだけに結婚してからプラスになることが多いのも、保育士ならではの魅力となることでしょう。

 

保育士という仕事に理解のある女性であれば、結婚後もあなたや家庭を共に支えながら幸せな生活を送ることができるのではないでしょうか。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

 

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM