企業内保育所で働く時の注意点

 

大企業であれば、安定して働き続けることができます。
なぜなら大企業と言うのはよほどのことがない限り、安定運営をしているからです。

 

企業内保育所の儲けが期待できないからと言ってすぐに閉鎖してしまうことはほとんどありません。
従業員の数も多いので、利用者も多くなり施設としても安定運営できるでしょう。

 

しかし、この安定した職場と言うのは他の保育士さんからしてみてもとても魅力的な職場です。
転職するのなら、大企業の企業内保育所がいい!という人もたくさんいるでしょう。

 

実際、転職サイトなどで人気の求人と言うのはそう言った大企業のものから埋まっていきます。
しかし採用する人は1人か2人と言ったところで、狭き門なのです。

企業内保育所

 

倍率の高い企業内保育所に転職するには

 

そこで、大企業の企業内保育所で働くためには、自分の保育理念と言うものが必要になってきます。
面接官は保育の事に関しては、素人かもしれませんが、採用試験についてはプロ中のプロです。

大企業の人事担当ともなりますと、人となりを見抜く力も優れています。

 

ここで、ただお給料がいいから、という理由で転職を求めてますということになったら、採用にはならないでしょう。
採用側としては保育経験を重視していることが多いので、明確に自分のスキルなどを相手に伝えることが必要になります。

 

企業内保育所だからといって「保育の質」が変わるわけではありません。
子ども1人1人と真剣に向き合うという姿勢が必要になってくるんですね。

 

また、企業内保育所であると、保育園には存在する園長先生が存在しません。


何か困った時、対処しなくてはいけない時。

あなたの臨機応変な対応が必要な職場でもあるのです。

 

 

企業内保育所だから・・・と安易に決めてませんか?

 

企業内保育所は運動会のような大きなイベントもなく、残業もありません。
保育士にしてみれば負担の少ない職場でもあります。

 

しかしそれだけの理由で安易に転職を決めていませんか?


求人情報を見る時に、「企業内保育所」と書かれているだけで選んでいては後から大変な目にあうこともあります。

 

それは、もしかしたら企業の形態によっては夜間保育が必要になることもあります。
そうなると保育士さんも夜勤をしなくてはいけません。

また園児の定員も数人の所もあれば、数十人の所もあります。


クラス分けなどはほとんどしていないでしょうから、基本的に異年齢保育になります。

こういったところをよくよく考えて、転職先としてどうか、ということを考えていかなくてはいけないんですね。

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

 

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM